不用品の回収ならさいたま市の不用品回収センターにお任せください。

不用品回収センター

良い出張業者を選ぶ時のポイントについて

昔と比べインターネットが普及し、いろいろな情報が素早く調べられる時代になりました。

しかし、このインターネットの世界では情報が玉石混淆しています。その中から本当に価値のある情報をどうやって探せば良いのでしょうか?

それと同じように、この回収業においても参入業者が乱立し様々なサービスが提供されるようになりました。それだけを見れば業者が乱立するということは、競争原理が働きお客様にとっては良いことなのかもしれません。

しかし、全ての回収業者がお客様の事を考えて商売をしているわけではありません。

気が付けば誤魔化されていたり、騙されていたり、損をさせられていたりすることも多く「どの業者が良いのか?」ということはパッと見ただけでは直ぐには分かりません。お客様にとって良い業者をどうやって探せば良いのでしょうか?

お客様から当センターと取引する前の業者の話を聞く度に「良い業者とは?」、「悪い業者とは?」というのがある程度共通しているように思えることが何度も有りました。

それを業者を選ぶ時のポイントとしていくつかまとめてみました。是非、参考にしてみて下さい。

良い業者と悪い業者の違い

良い回収業者と悪い回収業者の見分け方

■回収スタッフや運営会社は一般人かどうか?
この業界には大変多くの「ならず者」がいます。

落ち着いて良く考えて下さい!回収金額の安さや便利さよりも、これが何よりも一番重要です。

新規の取引開始から既に何年も経っていようとも、実際の見た目や対応がとても良かったとしても、もしも、回収スタッフが一般人ではない「ならず者」なのであれば、ダメなものはダメなのです。

特にコンプライアンスが重要視されるようになってきた現在の日本の中では、そのような人達との取引や付き合いがあるということ、つまり、反社会的勢力とのつながりがあるということは他の正規の取引先の会社から見れば非常に危険な会社だと思われ問題視されてしまいます。もしも、その事をネットやテレビで取り上げられてしまえば、あっという間に全ての取引が停止となり、会社の存続自体を左右させかねない一大事となってしまいます。

有名な女性タレントも不貞行為により、15年以上もの長い時間をかけて積み上げてきた実績も好感度も収入も仕事の全てを休業という形で失ってしまいました。

それと同様に、反社会的勢力について「全く気が付かなかった。」、「全然、知らなかった。」では企業として、とうてい済まさるような問題ではないのです。反社会的勢力かどうかの調査、確認を怠ったために不用なトラブルに巻き込まれ、大きな損失を被る可能性が十分に考えられるのです。将来の損失に発展するであろう芽は、未然に摘まなければなりません。

当センターでは反社会勢力、それとおぼしき企業や個人とのつながりは一切ありません。

商売として回収業をしているからには、企業としての責任が問われます。それが取引先へ対する最低限の常識、マナーだと考え行動しています。特にこの業界には一般人ではない「ならず者」が多く存在しています。俺は元〇〇〇だと自分から言ってきたり、そのような人達との交流や取引がある事を言ってきたり、指が欠損していたりすればすぐに見分けがつきますが、実際にはほとんどの人がひたすら、そのことを隠し通しています。それが現実なのです。

簡易的ですが、夏でも長袖を着ていたり、ホームページに記載されている代表者と登記簿謄本の代表者名が違っていたり、古物商や会社の代表者名が女性(妻や特別関係人)の場合にはその割合が非常に多く、全てがそうだとは言えませんがある程度の判断材料になります。

もちろん、趣味やファッションで和彫りの入れ墨をする人はほぼいません(少なくても当センターではそのように考えております。)ので、万が一にも、入れ墨を見てしまったら即刻取引を中止するのが正しい選択です。

勇気を持って「背中を見せて下さい」と言ってみましょう。

ならずもの

■電話だけで見積りができるかどうか?
商売として回収業をしているからには、企業としての責任が問われます。回収依頼の電話をした時におおよその見積額を算出できるかどうかはとても大切なことだと考えています。

年間の回収物の取扱量が多ければ、それだけ回収経験と実績があるので、回収物の大きさや個数、条件が分かれば電話だけで見積もりを算出することはさほど難しい事ではありません。

それを「現地で実際に確認するまでは金額はわかりません」と言うのであれば、その業者のほとんどはボッタクリ業者です。現地に到着したスタッフの力量に任せた、お客様からお金を取れるだけ取るというシステムなのです。※もちろん、当センターではお電話でお見積りをしておりますのでご安心下さい。

「電話で見積もりして下さい。」と言ってみましょう。

お見積り書

■回収金額が分かるホームページを作成しているかどうか?
商売として回収業をしているからには、企業としての責任が問われます。回収金額がはっきり分かるようなホームページがあるかどうかは重要です。無ければ、その日の稼ぎ具合や担当者の気分次第でいくらでも調整ができるからです。もしも、営業スキル(話術)が高い人が回収担当であれば、それこそ何十万円になってしまう事もあります。気を付けなければなりません。

「ホームページはありますか?」と聞いてみましょう。
■真面目にやっているのかどうか?
商売として回収業をしているからには、企業としての責任が問われます。回収スタッフの見た目も大切です。特に靴と服装を見れば分かります。

回収物の取扱量が多ければ、それだけ事故が発生する可能性が高くなります。特に多い事故が足元への落下です。もしも、サンダル履きなどであれば骨折をしてしまう可能性も十分に考えられます。回収物の取扱量が多い業者は必ずつま先に鉄が入った安全靴を履いています。服装も作業がしやすいように作業着が一般的です。サンダル履きや絵柄が入ったジーンズなどの服装、靴のかかとを潰して履いている業者はそれだけで回収物の月間取扱量が少ないということが分かります。

つまり回収価格は高いということになります。

見分けがつきにくいスニーカーの場合は、「その靴は安全靴ですか?」と聞いてみましょう。

サンダル禁止

■名刺など会社名や連絡先が分かるものを渡してくるかどうか?
商売として回収業をしているからには、企業としての責任が問われます。もしも、万が一何かトラブルが発生した時の為にも業者がお客様に連絡先を教えるのは当然の義務だと考えています。しかし、名刺も連絡先も何も教えない業者が多く存在しているのがこの業界の悪しき習慣です。連絡先が分からなければ何かトラブルが起こった際に全ての責任を負わされる可能性も有ります。取引をする際は必ず業者の連絡先、名前を確認しましょう。

「名刺を下さい。」と言ってみましょう。
■回収時に伝票を作成しているかどうか?
商売として回収業をしているからには、企業としての責任が問われます。実際に回収が行われたという証拠を書面に残すことはとても重要なことです。回収を証明する物が何も無ければ、万が一にも何かあった時には取り返しのつかないことになります。そもそも、回収証明を出さないような業者が何かトラブルが発生した時に名乗り出ると思いますか?不法投棄に対する罰金刑の最高額は3億円です。怖いと思いませんか?

「うちの経理がうるさいから伝票が欲しい。」と言ってみましょう。
■誠実な対応をしているかどうか?
回収している月間取扱量により回収価格に多少の差があることは当然のことですが、それを指摘した途端に横柄な態度になったり、恫喝してきたりする業者がはたして安全、確実に仕事を遂行しているのでしょうか?

もちろん、何らかの理由があり、お互いがそれを理解(承知)した上で高い金額で回収していたならば構いませんが、ほとんどの場合は高く回収する理由をあれこれ説明しているのです。もしくは、価格に関する話は一切しないか触れないようにしているだけなのです

特に、断った途端に態度が豹変してキャンセル料や見積料、迷惑料やガソリン代などという良く分からない名目で料金を請求してくる業者がいるのがこの回収業の悪しき習慣なのです。

こういった不誠実な対応をしている業者が何かトラブルになった時にしっかりと責任を持って対応をしてくれるのでしょうか?今まで高い料金で回収をしていた時の利益で補償してくれるのでしょうか?仮に損害保険に加入はしていても、それを使ってくれるのかは別の話だとは思いませんか?

この業界で発生するトラブルといえば不法投棄に関する内容がほとんどです。不法投棄に関する罰金刑は最高で3億円です。いったい、どれだけの期間で元が取れるのでしょうか?

誠実な対応をしているのかどうかは、会社の存続にも影響を与えるほどの内容なのです。

警察

PageTop